日本にはたくさんの離島がありますが、その中でも観光スポットとして人気なのが小豆島です。

この島は香川県と岡山県の中間に位置しており、瀬戸内海の島々の中で2番目に大きな島として知られています。また、寒霞渓やエンジェルロードなど、海と山の両方を楽しめるのも魅力です。映画「二十四の瞳」のロケ地としても知られており、道の駅小豆島オリーブ公園などもあるので、いろいろな楽しみ方が出来る島だと言えるでしょう。

小豆島へはフェリーを利用して行きますが、大阪発でなるべく安く行きたいなら神戸新港を利用するのがおすすめです。ここなら大阪駅から2500円前後で小豆島へ渡ることが出来ます。大阪から行く場合は姫路港や高松港を利用することも出来ますが、この場合は神戸新港に比べると運賃が割高になってしまいます。

そのため、なるべく安く行きたいなら神戸新港を利用すると良いでしょう。島内の交通については路線バスやレンタカーが利用できますが、なるべくお金を掛けたくないならレンタサイクルがおすすめです。自転車で移動するため行動範囲は限られますが、1時間200円から利用できる会社もあるのでお金を掛けずに楽しみたい時に便利です。

また、大阪から小豆島へは4時間前後で移動出来るため日帰りでも十分楽しめますが、宿泊したい場合はゲストハウスがおすすめです。ゲストハウスなら3000円台から宿泊できる上に宿泊客同士が交流する機会もあるので、旅先ならではの楽しい時間を過ごすことが出来るでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *