小豆島は瀬戸内海に浮かぶ島で北の岡山県と南の香川県から同じぐらいの距離にあります。

香川県に属している島です。この辺りの海域は播磨灘とも呼び、大小様々な島が浮かんでいます。この島は瀬戸内海においては淡路島に次ぐ大きさで、香川県では最も大きな島です。島の各地には観光を楽しめるスポットや名産品があり、毎年日本国内からだけではなく海外からの観光客も多く訪れます。リゾート地としても知られており、リゾートホテルを始め旅館や民宿などの宿泊施設が多数あります。

夏には海水浴を楽しめるビーチもあります。瀬戸内海には海上橋で渡ることの出来る島がいくつかありますが、小豆島にはそれはなくいくつかの船会社が運航するフェリーや高速船を利用し渡ることになります。それらは香川県や岡山県、兵庫県から多数出ており一日に16往復している船会社もあります。島にはいくつかの港があり、船会社によって到着港が異なります。以前は大阪府にある港からもフェリーが出ていましたが、現在は取りやめになっています。

その大阪から小豆島へ渡る場合は、マイカーや鉄道などでいずれかの港へ向かうことになります。大阪からだと兵庫県の神戸港が最寄になります。そこからは一つの船会社がフェリーを出しており、平日には3往復、それ以外の日は4往復となっています。そのため昼間に出航する便だけではなく、早朝や夜行便もあります。通常、3時間20分程で小豆島へ到着しますが、夜行便の場合は高松を経由するため6時間半程になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *