パワーコンディショナー時には変換効率が高いものを

バナー

パワーコンディショナー時には変換効率が高いものを

自宅の屋根や駐車場のガレージに、ソーラーパネルを設置することによって、太陽光発電が可能になります。

しかし、ソーラーパネルで発電された電力は、すべてが家庭で使用できるようになるわけではありません。



ソーラーパネルで発電された電力は直流なので、家庭で使用するためには、交流に変換する必要があります。
そして、直流を交流に変えるためには、パワーコンディショナーが必要です。
パワーコンディショナーは、様々なメーカーから発売されています。

変換効率といい、直流から交流に変換する際に、どれだけの電力を保てるか、という数字があります。

ほとんどのパワーコンディショナーの変換効率は、95パーセント前後です。


ほとんどの場合、失われる電力は5パーセント程度なので、非常に効率が良いです。



また、さらに高性能なものなら、変換効率は98パーセントを超えます。

太陽光発電の設備を設置すると、自宅で電気を生産できるだけではなく、余った電気を電力会社に売却することが可能です。

太陽光発電で、大量の電気を生産し、電力会社に売ることで、副収入が大きく増加します。

電力生産を増やすためには、ソーラーパネルの性能は、当然大切です。

しかし、パワーコンディショナーで直流から交流に変換する際に、電気が失われてしまうと、販売できる電気量が減少します。



パワーコンディショナーは、安い買い物ではありませんが、なるべく変換効率が高いものを選ぶことが重要です。