パワーコンディショナーの便利機能とは

バナー

パワーコンディショナーの便利機能とは

パワーコンディショナーには便利な機能が付いた機種が販売されています。


自立運転と呼ばれる機能がこれにあたり、付いていることで震災や災害、雷による停電時などでも電気を使用することが可能になります。

自立運転機能付きパワーコンディショナーが注目を集めたきっかけは2011年3月に発生した東日本大震災があり、非常用電源として被災地での生活に役立ったことがあります。



自立運転機能付きの特徴は、一般的には1、500W程度の電力が使用できるように作られています。

消費電力が小さな電気製品であれば複数台使用することができ、例えば、携帯電話やスマホの充電、テレビやラジオなどの電力を十分に賄うことができます。使用をする場合には1、500Wを越えないようにする必要はありますが、非常時に備えるには適した機能の1つであり、難点としては、通常製品より価格が高いことがあります。



自立運転機能付きを活用するには、壁に非常用コンセントを設置するか、もしくはパワーコンディショナーに直接電源プラグを差し込むことになります。

注意が必要なのは施工業者の対応があり、事前に忘れずに依頼をしておくことと施工後に確認をすることが大切になります。



施工後の確認は試運転により行います。

メーカーによって自立運転機能の操作手順が異なるものの、取扱説明書に沿って行うことで動作を確認をすることができます。できれば、施工業者立会いで行った方がよく、理由としては、説明を受けることで操作方法や内容を理解しやすくなることがあります。