パワーコンディショナーの適した設置方法

バナー

パワーコンディショナーの適した設置方法

パワーコンディショナーは、ケーブルを通すために開けたの穴や、ファンの周りから、虫や、塵が浸入してきてしまいます。

ときにはカバーの内部にアリの巣が発生してしまうこともあります。



特に冷却ファンを取り付けてあるパワーコンディショナーは定期的に注意深くメンテナンスを実施することが必要になります。


虫や、塵がくっついているときや、カバーの内部にゴミが溜まっている場合は掃除をして取り除けば問題ありません。
そして、パワーコンディショナーのスイッチを切り替えるときに発せられる音や、稼動しているときに発せられる高い音は一般的な動作音なため大丈夫です。



しかし、低いモーター音が発せられているときは不具合が生じている可能性があるためメーカーに尋ねてみる必要があります。



パワーコンディショナーは、気温が高くなると出力が低下して、さらに高くなると運転が止まってしまいます。そのため、太陽光パネルの陰になるところや、風通しの良い屋内などといった涼しい場所に設置しておくのが適している設置方法になります。電気を売却して得られる収益を確保するためにも、涼しい日陰にパワーコンディショナーを設置することは必須条件となります。

雨などが入り込むのを防止したり、塵や、水害などに対処するため、地面から、太陽光パネルの1番下の部分まで、およそ50センチメートルぐらいの高さを確保しておくことも太陽光パネルを設置するために必要なこととなります。