パワーコンディショナーの売電による収益を上げるには

バナー

パワーコンディショナーの売電による収益を上げるには

近頃は、太陽光パネル本体の単価が安くなってきているので積極的に過積載の状態にした方が収益を上げやすい状態になってきています。

しかし、パワーコンディショナーごとに繋げることができる太陽光パネルの電力容量が違ってきます。過積載の状態の太陽光発電システムを安全に運用していきたい場合は、どれくらいの太陽光パネルを繋げることができるのかを前もってある程度理解しておくことが必要になります。

パワーコンディショナーの種類や、メーカーによって変換効率も、およそ93パーセントから99パーセントまでと多少性能に幅があります。

安心をコンセプトにしたパワーコンディショナーを求める人にお勧めしたいサイトです。

交流の電気に変換できる効率が良いということは、その分だけ太陽光パネルが生み出した電力を有効に活用できることになります。


三相方式でトランスを搭載しているパワーコンディショナーの場合は変換効率が、およそ93パーセントぐらいまで下がってしまいます。しかし、三相方式でトランスを搭載されていないパワーコンディショナーを選んでしまったときは注意をする必要があります。



電力会社を連携をするときに電力会社の指示によってトランスを取り付ける必要が生じる場合があるからです。新たにトランスを取り付けることによって結局、変換効率が落ち、売電による収益も落ちてしまうことになってしまいます。

電力会社により、トランスを取り付ける必要があるかどうかの判断が異なってくるため、パワーコンディショナーを選んで工事を実際に施工する前に電力会社に確認しておく必要があります。