パワーコンディショナーの故障を防ぐ

バナー

パワーコンディショナーの故障を防ぐ

パワーコンディショナーは精密機械であるため故障しやすく、太陽光発電の他の装置よりも保証期間が短くなっています。

しかし、取扱いに注意していれば故障の発生率を低くすることができるので、故障が起きる要因を把握して対策しましょう。

まず注意しなければならないポイントに熱があります。

パワーコンディショナー自体が熱を持ちやすい装置なので、効率良く放熱できるように通気性の良いところに設置し、埃などが被らないように定期的にメンテナンスを行いましょう。

屋外タイプの場合、日光で熱せられてしまうので、日陰に設置するのが適しています。

湿気にも弱く、内部の基盤が錆びる原因になります。屋内タイプの場合、耐水性が高いわけではないので水場に置いて誤って水をかけてしまわないように注意します。屋外タイプであれば風雨に耐える設計になっていますが、わざわざ風雨に晒す必要はなく、陰になって直接当たらないようにした方が故障しにくくなります。

故障する部位が少ないパワーコンディショナーを選ぶという方法もあります。
パワーコンディショナーは放熱のためにファンを内蔵していますが、このファンも故障する部位であり、放熱に関わる重要な機能なので修理が必要になります。



しかし、ファンを使わずに放熱するパワーコンディショナーもあるので、これを利用すれば故障する部位が減ります。



また、このタイプはファンがないので小型になり、モーターの騒音もなくなる利点があります。