パワーコンディショナーが担う役割について

バナー

パワーコンディショナーが担う役割について

パワーコンディショナーが担う最も大きな役割には電力の変換があり、ここでは、太陽光発電で作った直流電力を交流電力に変えることで初めて家庭でも電気が使えるようになります。
一方、パワーコンディショナーには他にも重要な役割を持っています。
最大電力点追従制御と系統連系保護と呼ばれる2つがこれにあたり、まず、最大電力点追従制御機能(MPPT)があることで、より多くの電力を安定して供給することが可能になります。



太陽光発電は日照時間や天候によって発電量が左右されてしまうことが最大の難点となります。そのために、安定して電力を供給するにはここでの問題をクリアする必要があり、最大電力点追従制御をすることで天候の変動にも対処することができるようになります。

MPPTは発電量が最大になる電圧と電流の組み合わせを自動で見つけ出し、発電量を維持できるように制御する働きがあり、これがあることで安定して電気を使い続けることができます。


系統連系保護は、万が一のトラブルの際に、自宅だけでなく地域全体に被害が及ばないようにする機能を指します。

電力会社から供給される電力は、周波数・電圧など一定の品質が確保された状態で供給されています。

しかし、電線は外とつながっているためにトラブルが生じてしまうと他にも被害が拡大してしまう可能性があり、系統連系保護機能はこれを防止するために設けられています。



具体的には、周波数の上昇や低下の検出や、過電圧・電圧不足や系統電力の停電を検出して太陽光発電システムを電気系統から切り離したりする機能などがあり、仮に異常があった場合には、パワーコンディショナーが出力を遮断して事故を防ぎ、家電製品や電気系統を守ってくれます。